うたまっぷトップへ         [ キーワード検索、全文検索、フレーズ検索、アーティスト50音検索に戻る ]
    歌手:走裕介/歌詞一覧                             <<<検索画面に戻る
  曲名   歌手 作詞 作曲 歌いだし タイアップ情報 CD
星屑の恋 走裕介 石原信一 蔦将包 ネオン明かりが きらめく街は -
母のいない故郷 走裕介 新本創子 船村徹 母のいない故郷は風の村 -
私の夏は来ぬ 走裕介 さくらちさと 蔦将包 暮れそで暮れない 夕暮れに -
北の傷歌 走裕介 石原信一 蔦将包 背中丸めて 燗酒あおる -
昭和縄のれん 走裕介 高田ひろお 杉本眞人 ひなびた路地の 縄のれん
風来ながれ唄 走裕介 京えりこ 大谷明裕 夢を探す旅に出て
雨の夜あなたは帰る 走裕介 吉岡治 船村徹 雨の夜に あなたは帰る
兄貴 走裕介 池田充男 船村徹 三社祭(さんじゃまつり)で もまれた男
夢航路 走裕介 きたのえいじ 船村徹 北へ流れて 海を見つめて
北国フェリー 走裕介 喜多條忠 蔦将包 この胸に 顔を埋めて泣いた人
呼人駅(よびとえき) 走裕介 池田充男 船村徹 あれは二月 真冬で 流氷だけで
北列車 走裕介 菅麻貴子 蔦将包 窓に地吹雪 汽笛が哭いて
男と女の破片(かけら) 走裕介 荒木とよひさ 都志見隆 抱かれたら終る 男と女より
北帰郷 走裕介 池田充男 船村徹 ヤツは 達者だったよ
恋路の果て 走裕介 池田充男 船村徹 網走ゆきの 汽笛がむせぶ
流氷の駅 走裕介 池田充男 船村徹 はるかなる 知床の峯よ
赤いレンガの港町 走裕介 喜多條忠 蔦将包 北の寒さに かじかむその手に
北国街道・日本海 走裕介 喜多條忠 蔦将包 人を愛した かなしみは
寄り添い月 走裕介 田久保真見 船村徹 ひとりで歩く 路地裏を
篠突く雨 走裕介 田久保真見 船村徹 おんなが男を 捨ててゆく
女満別から 走裕介 喜多條忠 蔦将包 雪がやんだ
おんなの雪 走裕介 池田充男 船村徹 溶けても溶けても 降る雪は




  




検索