うたまっぷトップへ         [ キーワード検索、全文検索、フレーズ検索、アーティスト50音検索に戻る ]
    歌手:氷川きよし/歌詞一覧                             <<<検索画面に戻る
  曲名   歌手 作詞 作曲 歌いだし タイアップ情報 CD
遠めがね 氷川きよし 松井由利夫 水森英夫 指を丸めて 西空見れば
嫁に来ないか 氷川きよし 阿久悠 川口真 嫁に来ないか ぼくのところへ
さざんかの宿 氷川きよし 吉岡治 市川昭介 くもりガラスを 手で拭いて
兄弟船 氷川きよし 星野哲郎 船村徹 波の谷間に 命の花が
ナツユキソウ 氷川きよし たかたかし 四方章人 倖せになるための 涙であったら
男花 氷川きよし 梅原晃/ヒロコウメフジ 梅原晃 荒れ狂う 怒号の海が
きよしの大江戸千両纏 氷川きよし かず翼 桧原さとし 揃い半纏 火の粉を浴びて
石割り桜 氷川きよし 喜多條忠 蔦将包 冬の長さに 耐えながら
九州恋慕情 氷川きよし 仁井谷俊也 大谷明裕 阿蘇の山なみ 遠くにみつめ
貝がら子守唄 氷川きよし かず翼 宮下健治 夜の浜辺の 海鳥も
さすらい慕情 氷川きよし 仁井谷俊也 宮下健治 霧にかすんだ 関門海峡
一緒節 氷川きよし 水木れいじ 岡千秋 情(なさけ)に棹(さお)さしゃ 流される
湾岸列車 氷川きよし 菅麻貴子 杜奏太朗 岬廻れば 君住む町か
原っぱパラダイス 氷川きよし 冬弓ちひろ 羽場仁志 町工場(まちこうば)の裏にある
月の法善寺横町 氷川きよし 十二村哲 飯田景応 庖丁一本 晒(さらし)にまいて
東京ブルース 氷川きよし 水木かおる 藤原秀行 泣いた女が バカなのか
愛燦燦 氷川きよし 小椋佳 小椋佳 雨 潸潸(さんさん)と この身に落ちて
今は倖せかい 氷川きよし 中村泰士 中村泰士 遅かったのかい 君のことを
女のみち 氷川きよし 宮史郎 並木ひろし 私がささげた その人に
男の土俵 氷川きよし 二階堂伸 北くすを やぐら太鼓が 隅田の川に
旅の酒 氷川きよし 森坂とも 水森英夫 北の外れで 飲む酒は
コーヒー・ルンバ 氷川きよし J.M.Perroni/訳詞:中沢清二 J.M.Perroni 昔アラブの偉いお坊さんが
粋な下町 恋の街 氷川きよし 吉井省一 青野ゆかり スカイツリーに 灯りがともりゃ
雨の湯の町 氷川きよし 仁井谷俊也 市川昭介 天城しぐれに 今宵も昏れて
カラスの口紅 氷川きよし 高田ひろお 佐瀬寿一 塒(ねぐら) 奥飛騨 深山(みやま)だよ

<<< 前の 20 件に戻る     6    7    8    9    10    11    12    13    14    15     次の 20 件に続く >>>



  




検索